相続ビジネスをこれ一つで

相続相談システム「ほほえみ」は、相続問題にお困りのお客様の情報を一元管理し、相続税対策のパターンまで自動で提案してくれる、相続ビジネスになくてはならないサービスです。

相続相談の7つのステップ

STEP
01

お客様データ事前登録

相続相談希望のお客様には面談予約の連絡を頂くようにします。予約の日程を決めたあと、お客様には登録用のURLをお知らせして、スマホやパソコンからご自分で登録して頂きます。


STEP
02

ご家族と財産、相談内容のヒアリング

登録いただいているご家族の状況と財産の内容を確認します。ご相談の内容や質問事項、不安に思っていること、解決しておきたいことなども含めて、最初はお客様にお話しいただきます。相談は3名で対応 主なヒアリング担当、資料の確認や評価、データ入力や、有料業務の説明、見積もりの提示など、3人が役割分担をしながら、協力して相談に対応します。ヒアリング お客様の現状や不安をお聞きします。
相続人のこと、財産のこと、遺産分割のこと、申告・納税のこと、生前対策のこと、専門家のことなど、いろいろな項目が関わってきます。カウンセリング(「夢相続カウンセリング」)を活用して、状況を確認します。


STEP
03

財産評価、相続税クイック診断

相続相談で【相続税クイック診断】をすることで、財産の全体像を確認します。
相談者からヒアリングした情報を相続相談ステムに入力すると、相続税が自動で計算されます。
次に土地の利用状況を確認し、不動産の評価額を算出。金融資産、債務の状況を把握した後に概算評価を元に相続税の申告の要否判断し、特例制度の可能性を検証します。


STEP
04

相続対策のイメージシミュレーション

相続税がかかる場合、いずれかの財産が多いわけです。そこで相続実務士の判断により、節税の可能性について、自動的に節税対策と節税効果をシミュレーションします。
節税項目や節税額をわかりやすく見える化しますので、イメージがつかめます。


STEP
05

課題整理・解決のアドバイス

相続財産の確認や節税シュミレーションのあと、あらためて、ご相談者の質問項目に回答します。相続人の状況や相続財産の内容を整理したことで、課題となる項目は整理しやすくなります。次に、どのように解決していくかという方法も明確にしてアドバイスをします。
課題解決に向けての具体的な方法をアドバイスし、解決までサポートすることが、相続実務士の役割となります。


STEP
06

オーダーメード相続プランの説明

相続対策について、感情面、経済面に配慮した「オーダーメード相続プラン」の作成を行い、ご家族で共有しながら進めていくことが理想だと言えます。相続では、配慮のある生前対策をしておくことが大切で、そうした用意があると相続になっても遺された人が円満に、不安なく、争わずに乗り切ることができます。
「オーダーメード相続プラン」は有料業務になるため、提案書のサンプルを用いて内容の説明をします。


STEP
07

相続プランの受託のすすめ

最後にステップ3で算出した財産の評価額を基準として費用の説明をします。
内容や費用をご理解頂いて、申込書にサインして頂くことで相続相談は終了します。
申込を頂いた場合は、必要書類をご案内し、不動産の現地調査の日程などを打合せします。生前の相続プランは委託より1か月程度を作成目安としており、出来上がれば提案書をご家族にご説明して、対策の決断を促すようにします。


mailお問い合わせ