一般社団法人 相続実務協会

養成講座・基本編
2月25日(金)

【養成講座・基本編について】

相続実務士としてお客さまのご相談に対応し、本業の業務委託に繋げて収益があがるよう、
必要な知識とノウハウを学べます。
また、相談・提案システム「ほほえみ」を実際に使っていただきながら、
相続実務のシミュレーションも体験できます。

相続実務士認定までの流れ
受講後、相続相談の課題を「相続実務士・相談システムほほえみ」を使用してまとめ、
協会へ提出、認定後に認定証を発行いたします。

【養成講座・基本編の内容】

<講義>相続実務士のコンセプト

<講義>相続相談から売却、購入の委託へ

<ワーク>
①提案のコンセプト作り
②相談者のメリットを伝える
③相続実務士の売上見込みを作る

講師

曽根 惠子

一般社団法人 相続実務協会 代表
株式会社夢相続 代表取締役

日本初の相続実務士として14,700件以上の相続相談に対処。感情面、経済面に配慮した「オーダーメード相続」を提唱し、円満な夢相続の実現に取り組んでいます。

【経歴】

(株)PHP研究所勤務後、1987年不動産会社設立とともに相続コーディネート業務を開始。相続相談に対処するため、2000年NPO法人を設立し内閣府認証を取得。翌年に相続実務を専業とする株式会社夢相続を設立。

養成講座・基本編
オンライン開催

受 付

終了

日 時

2月25日(金)13:00〜16:00

参加費

5万円(認定料1万円、年会費1万円を含みます)

※お申し込み後、開催の前日までに、相続実務協会 事務局(info@hohoemi-souzoku.jp)よりセミナーのURLをメールにてお知らせいたします。

お申し込み

一覧へ